メンズ

コスト対策をしっかりすれば成功するデイサービスの経営

飲食業における宅配業務

男の人

社会の変化によって飲食業の経営の在り方も変わってきます。デリバリーやケータリングもその1つです。高齢化社会では飲食業の宅配システムが重要になります。1億人総活躍社会では共働き世帯が増加します。これまでの売って、作って、運ぶという工程をいかに効率化したらいいのかを提案するのが宅配コンサルタントです。

詳細

海外で事業をする時に便利

男性

インドネシアで事業をする時人財や法律を気にして進めないといけないです。これはインドネシア会社設立支援がサービスをしています。企業のパートナー探しも手伝ってくれるので人気があるのです。現地での商談会や交流会参加手続きを行っています。

詳細

需要は高い事業

男性

コスト対策が難しい

儲かりにくいといわれているデイサービス事業ですが、これを上手に経営することで利益抽出を実現させることができるようになります。デイサービスを新規で開業しようとすると多額なコストがかかります。認可などの作業も必要になるため、開業までに時間を要することもデメリットです。建物はそれなりにお金がかかるため、都心での開業では難しく、郊外に建設するなどが一般的になっています。しかし距離があるため、送迎バスを出すなどコストや人件費をかけることになってしまいます。デイサービスを効率的に開業するのであれば、FCで開業させることもできます。知名度などがある他、開業に対する支援がありますので、初めて開業する人も安心して経営することができるメリットがあります。

FCならではの魅力

FCにてデイサービスを開業するための説明会が頻繁に開催されています。大都市では、月に2回から3回程度開催されています。介護サービスの需要はまだまだ多くなっています。今後も高まる予測が立てられています。そのため需要が低くなることで廃業に追い込まれることは少なくなっています。しかし経営は難しくコストをいかに削減させるかがポイントになります。事務処理なども多く、人件費が一番コストとしてのウェイトが高いのです。FC展開の中では一元的にこの事務作業をアウトソーシングするなど経営支援を行っています。一つの事業所でアウトソーシングを行ってもコストメリットは少ないのですが、複数の事業所をまとめて行う事でコストメリットが高いのです。